複数の人

自由に働けるフリーエンジニア|頑張り次第で収入も上がる

運搬物で仕事内容が異なる

トラック

人間関係に振り回されない

荷主からの依頼を受け、荷物をトラックで運ぶドライバーの仕事は、様々な職種からの転職があります。顧客の種類によって運ぶものは様々で、個人からの荷物もあれば、タンクローリーのような危険物運搬や、砂利運搬のような企業からの依頼もあります。しかし共通しているトラックのドライバーの求人が人気である理由が、人間関係に振り回されにくい点です。ドライバーは一度トラックに乗ってしまえば、あとは目的地まで誰からも干渉されることがないのが特長の1つです。そういう意味では機上では制限を受けにくいパイロットなどの仕事とも共通している部分があります。世の中の仕事の多くは、取引先や上司などの人間関係に煩わされます。しかしトラックドライバーの仕事はその点が希薄です。それが転職先としてトラックの求人が人気を集めている大きな理由の1つです。

手積み手降ろし

全てのトラックは、誰かが荷物を積む必要があります。この積み込み作業を手作業で行うのが手積み、手作業で降ろす作業を手降ろしと言います。トラックドライバーの仕事では、この作業を行うことも多いので、しっかりと覚えておきましょう。手積みと手降ろしは、基本的に車輌が小さいほど必要です。逆に10トンや20トンといった大型の車輌や、タンクローリーやダンプのような特殊車輌は手積みや手降ろしが不要なケースが多く見られます。当然手積みや手降ろしが無い方が一般的には楽な仕事だとされます。また手積みや手降ろしが不要であっても、リフトでの積みこみや積み降ろしを行う必要があるトラックの求人もあります。この場合は別途フォークリフト免許が必要となるので、求人を探すときに意識しておいた方が無難です。