実習の量をチェック

カメラ

就職につながるか確認

写真を仕事にするには必ずしも学歴や専門学校へ進学しなければならないという決まりはありません。ですが、基本的な撮り方を知るためや、プロの仕事について知るためには専門学校へ通っておくのが得策です。写真の専門学校はあまり多くはありません。写真のみの専門学校はほとんどなく、美術系の専門学校に一学科としてあるというパターンがほとんどです。カメラマンといっても様々な働き方があるため、ブライダルに特化していたり、報道写真に特化していたりと学科や学校によって様々な特徴があります。専門学校を選ぶときは特徴をふまえ、将来のやりたいことにつながるかを考えて選びましょう。将来の就職に直接役立てたいのならば、実習量と就職先を確認しておく必要があります。できたらプロの現場に入って行うようなインターンシップや実習があるとよいでしょう。あるいは校内コンテストがあるかや、一般コンテストへの入賞者が多いかなども目安になるでしょう。働きながらコンテストに応募してなるという方法もないわけではないので、定期的にコンテストの開催があるかをチェックしておくのもよいでしょう。カメラマンの仕事は出版社や新聞社、ブライダル関係の会社に所属して仕事をもらう場合と、フリーとして仕事を得ていく場合があります。後者の場合は特に人と人とのつながりが重要となるので、そういったつながりが多く得られるかもポイントとなります。卒業生がどのような進路に進んでいるかを確認しておくと参考になるはずです。