入学前に準備すること

カメラ

写真の専門学校は理系の学校のようですが、文系や芸術系の要素もあります。またカメラマンになると体力も必要になります。入学前に準備しておくカメラはデジタル一眼が必要ですが、レンズはガイダンスのときに教えてくれます。

詳しく見る

カメラマンを目指すなら

勉学

写真が好きでカメラマンを目指す人は少なくないでしょう。企業に所属するなら、好き以外の志望動機があるといいです。独学でフリーカメラマンとして活動するには、コネがないと難しいです。専門学校に通えばコネで仕事をもらえます。カメラマンにも種類があるので、専門学校で必要な知識や技術を身につけられます。

詳しく見る

学校でカメラを学ぶには

勉強道具

写真になるための専門学校を目指す時は、まずサイトを使っておおまかな情報を集めましょう。それから資料を請求したりオープンキャンパスに参加して、授業や設備をチェックしたり在校生から評判を聞き取りしてみてください。これで問題がなければ入学してもかまいません。

詳しく見る

プロカメラマンになるには

スタジオ

プロのカメラマンを目指すならば、知識や技術を基礎から学んでおく必要があります。スキルを身につけるための学ぶ方法には幾つかありますが、学べる方向に違いがあるため注意が必要です。実習を中心に即戦力となる力を身につけられる写真専門学校なら、就職時においても有利に働いてくれます。

詳しく見る

実習の量をチェック

カメラ

写真を仕事にするには専門学校に行くのも一つの手です。実習の量がしっかりあるかや卒業後の進路はどのようなものがあるかをチェックしておくとよいでしょう。人と人とのつながりがあるかも重要なポイントとなります。

詳しく見る

カメラでプロを目指す

スタジオ

初心者でも入学可能

近年高機能な一眼レフカメラが低価格化してきたことによって、性別や年齢を問わずにカメラを趣味とする人が増えています。SNSにも美しい写真がアップされることが多くなり、どうしたら上手に写真を撮ることができるのか知りたい人が多くなっています。カメラの性能もあがり、テクニックをそれほど使わなくても美しい写真が撮れるようになってきましたが、プロのカメラマンの写真のレベルにはなかなか到達することができません。プロのカメラマンを目指す人のために写真の専門学校が存在しています。大学にも写真学科のような学科がありますが、大学で教える内容はカメラそのものの研究や知識の習得がメインになり、専門学校ではカメラの使い方を教えたり、実習がメインになります。写真に興味があるけど腕はまだ全然ないような人でも専門学校では1年次はカメラの使い方からスタートしていくため、初心者であっても興味と熱意さえあれば十分ついていくことができます。専門学校を卒業した後の就職先ですが、スタジオや写真館、またはブライダル関係に就職する卒業生が多く、写真を使った部門への就職に成功しています。なかには新聞社や放送局のようなマスコミ関係やフリーのカメラマンで活躍する人も出てきています。専門学校に在籍することによって国家検定のひとつの写真技能検定の受験資格が得られることがあります。本来、職務経験を必要とする資格なのですが、専門学校にいるだけで受験資格を得られて合格しておくと就職にかなり有利になります。その他にもwebデザイナーを目指す人向けの専門学校などもあり、webデザイナーになるには専門学校に通った方が近道となっています。webデザイナーは独学でも知識やスキルは習得することが可能ですが、独学の場合は多大な時間を要します。そのため、少しでも早くwebデザイナーとして活躍したいのであれば専門学校に通った方が良いと言えるでしょう。